煩音

 煩音(はんおん)とは、「心理的に不快な音のこと。煩は、わずらわしいの意味。騒音とは異なり、音量はそれほど大きくなくても、聞く人の心理状態や人間関係などの要因によって煩わしく感じられる音。隣人同士の争いの原因となることが多い。」(引用:デジタル大辞泉)
 10月29日夕刻、「NHKのクローズアップ現代」を見ました。テーマは「子どもって迷惑?~急増する保育園と住民のトラブル~ 」で次のような内容でした。
「今、『子供の声がうるさい』と地域でトラブルが相次いでいる。神戸市や練馬区などでは、保育園を相手に訴訟を起こす事態にまで発展している。こうした事態に対し、子供を抱える施設では、外遊びを制限する保育園など本来の保育の質を落としたり、地域の中で孤立したりしている状態に陥っている。問題の背景として専門家が指摘するのは、「地域社会の人間関係の希薄化」と「少子高齢化による子供の異物化」。特に、少子化によって子供の声が少なくなっていたことに慣れていた地域では、子供の存在を排除する傾向が強いと指摘する専門家もいる。」

 子供の声がうるさいと感じるか感じないかは、人間関係やコミュニケーションと深くつながっています。それが煩音問題の根深いところでもあります。騒音は、それを発生させている本人がやめなければいつまでも続きますが、煩音は、「わずらわしい」と感じなくなれば、うるさいと感じなくなる可能性があります。そのためには、双方の人間関係がきちんと成り立っていて、いいコミュニケーションが取れていることが必要です。
 大井保育園では、園児がのびのびと活動できるように大井町町内の皆様といいコミュニケーションを取っていきたいと考えています。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから