自己肯定感

 自己肯定感という言葉を良く耳にすると思います。育児関係の専門書や育児に関するブログにも自己肯定感が目につきます。
 諸説を総合しますと、「自己肯定感とは、自分は生きる価値がある、誰かに必要とされていると、自らの価値や存在意義を肯定できる感情」であり、自分の良いところも悪いところも含めて肯定できる、前向きな感情でしょう。
 自己肯定感の高い子どもはどんな子かといいますと、自分に自信があり、何事にも挑戦していく強い心を持っている子どもです。また、自己肯定感があると心に余裕があり、人に優しく親切に接することができるので、多くの人が周りに集まるとも言われています。
 ところで、自己肯定感は0歳~6歳までの乳幼児の時期に土台が形成されると言われています。ですから、保護者や保育士などの接し方が重要となります。接し方で大事なことは、子どもに「愛されているんだ!という実感を持たせる」ことと、「やればできるんだ!という自信を持たせる」ことです。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから