目脂

  目やにとは、目から出る粘液の固まったもの。めあか。めくそとも言う。
  赤ちゃんのめやにの多くは細菌性の結膜炎が原因で、たいていは目薬の点眼で治ってしまいます。白目の部分が赤く充血したり、涙が出たり、まぶしがったりという症状がよくみられます。これらの症状は結膜炎のほかに、さかさまつげや先天鼻涙管閉塞という病気でも起こります。(さかさまつげ・・赤ちゃんはほっぺたがふっくらしているので、下まぶたが押されて内側を向いてしまい、逆さまつ毛になることがあります。5ヵ月を過ぎて、顔がほっそりしてくれば、自然に治るので心配ありません。先天鼻涙管閉塞・・生まれつき鼻涙管の通りが悪いので、涙やめやにが絶えません。たいていはブジーという細い針金を鼻涙管にいれる治療でよくなります)(引用:日本眼科医会)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから