嘔吐と対策

 嘔吐とは、吐き出すことです。子供が吐き出すとあわてるものです。嘔吐の原因は心配が無いものから重大な病気まで多彩です。吐き気を催した後に嘔吐するのが普通ですが、いきなり嘔吐と言う事もあります。
 嘔吐中枢は延髄に存在し、胃や腸などの消化器病、中枢神経病や中毒などが原因で刺激を受けると、嘔吐反射が起こり嘔吐します。
 また人の体は繊細に出来ており、微妙な感情にも左右され、いやな臭いを嗅いだり、不快なものを見たり聞いたりするだけでも大脳皮質を介して嘔吐が発生します。

【注意や処置】
 まず、吐いた物が気管につまり窒息するのを防ぐのが大事です。
 子供の頭と体を横に向けます。そうすると、口の中の吐物が外に出易くなります。次に、口のまわりをきれいに拭いてやり衣服が汚れたら着替えさせ吐いた内容物を確認し、飲食物がそのままの状態で出ていて顔色が良く’けろっ’としていればひとまず安心です。
 それから体温を計り、顔色、呼吸の状態、便が出ていたら下痢や血便の有無、腹痛の程度、お腹がはっていないか、頭痛が無いかなどを調べます。
 続いて、うがいが出来る年齢であれば、うがいをさせ口の中をきれいにしてやります。空腹感を訴えたり水分を欲しがればお白湯を少量ずつ与えてみて嘔吐が無ければしばらく様子をみます。

【緊急性を要する嘔吐】
 至急の対応が必要な状態は次の通りです。
1.繰り返し吐く時。
2.吐物が黄色や緑色(胆汁)をおびている時。
3.吐物に血液が混じっている時。
4.吐いた物がコーヒー残渣みたいな時。
5.がまんできないほどの激しい腹痛がある時。                  
6.便に血液が混じっている時。                       
7.脱水症状(尿の出が悪くなり尿の色が濃くなる。唇が乾燥してきた。眼が落ちくぼみ、
泣いても涙が出ない。皮膚の弾力が減少した。)がある時。
8.頭痛がひどい時。

(福岡県医師会理事、日本小児科学会専門医細山田 隆先生の講話より)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから