児童虐待の定義

児童虐待の定義 

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。
○身体的虐待= 殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

性的虐待= 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト= 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待= 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV)、きょうだいに虐待行為を行う など

(参考:厚生労働省HP)

児童虐待防止推進月間

11月は児童虐待防止推進月間です。
 厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施します。
 平成29年度においては以下の取組を実施します。

1.「児童虐待防止推進月間」標語
 全国公募を行い、応募数6,477作品から、最優秀作品を選考。厚生労働省が作製する各種広報媒体に掲載。最優秀作品には、厚生労働大臣賞を授与。
平成29年度最優秀作品
  いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声
   安間 梓(あんま あずさ)さん(愛知県)の作品
2.ポスター・リーフレット・ふせんの作製・全国配布
 都道府県・市区町村・学校・警察・その他関係機関、関係団体などに幅広く配布し、啓発に活用(ふせんについては自治体のみに配布)。

(参考:厚生労働省)

児童相談所全国共通ダイヤル

児童相談所全国共通ダイヤルは189(いちはやく)です。
○虐待かもと思った時などに、すぐに児童相談所に通告・相談ができる全国共通の電話番号です。
○「児童相談所全国共通ダイヤル」にかけるとお近くの児童相談所につながります。
○通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は 守られます。
平成27年6月まで、児童相談所全国共通ダイヤルは10桁の番号(0570-064-000)でしたが、覚えやすい3桁の番号にして、子どもたちや保護者のSOSの声をいちはやくキャッチするため、平成27年7月1日(水)から「189」(いちはやく)という3桁の番号になりました。(参考:厚生労働省HP)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから