9/21 誕生会

 今日は、9月の誕生会でかぼちゃを練りこんだパンプキンパンにポークソテーとマセドアンサラダ、
コーンスープにぶどうゼリーを作りました。
ふわふわパンにレタスやポークソテーをはさんだりして、自分好みに合わせて食べ方を変えたりして、
みんなで楽しんで食べていました。
3じのおやつにはお彼岸にちなんできな粉のおはぎです。
つきたてのもち米でできたおはぎはやわらかくてとっても美味しくて、子ども達もよろこんで食べていましたよ。
28-9-21%e8%aa%95%e7%94%9f%e4%bc%9a
28-9-21%e8%aa%95%e7%94%9f%e4%bc%9a%ef%bc%93%e6%99%82

9/14 麺&わくわくおやつの日

 今日は、麺の日&わくわくおやつデーで、ダブルでお楽しみの日です。
ジャージャー麺は中華風ミートソースで、うずらの卵やトマト、きゅうりをトッピングして彩りよく仕上げました。
わくわくおやつデーでは、和風くずもちを作りました。
くずもちに子ども達が大好きなきなこをまぶして、横には小豆を煮詰めて作ったあんこを添えました。
プルンとした食感が人気でどちらも完食でした。
28-9-14%e3%82%8f%e3%81%8f%e3%82%8f%e3%81%8f

カプラ

 カプラとは、フランスで生まれた素朴な木の造形ブロックのことです。
 カプラは1988年フランスで発売され、以来、ヨーロッパ各国の玩具賞を受賞しています。1996年にはルーブルにあるフランス国立衣装美術館に考案者トム・ブリューゲン「パリの街並み」という作品を展示。これはカプラ2万ピースを使って再現した街並みで全長4メートルに渡る大作です。子どもから大人まで楽しめる新たな造形ブロックとして、高く評価されています。
 カプラは一人の世界で集中して遊ぶことができる一方で子ども同士、親子でいっしょに 大作をつくっていく楽しさもあります。カプラが どこまでも橋をかけていけるように、年齢を越えて、人と人との架け橋にもなっていきます。特に保育園では、例えば年長さん全員が共同で「きりん」や「家」を作ったり、それを道や線路でつないでいって町を作り上げるなど、ダイナミックな遊びが出来ます。

スリー・アールズ

 スリー・アールズとは、「読み」reading「書き」writing「算」arithmeticの3語に共通して含まれる「r」を取っての略称。ヨーロッパ中世の都市における商業の発展とともに、庶民階級に最低限必要な教育として、これら3つの要素が求められた。日本では、江戸時代、町人の実生活での必要性から子どもの習い事として、「読み」「書き」「そろばん」の3つが求められた。そして、平成の世の中でも「学力の基礎基本は読み・書き・そろばんだ」という人も多い。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから