こどもの日

 5月5日は子どもの日です。こどもの日とは、「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」と、1948年に国民の祝日の1つに定められました。
こどもの日の由来は端午の節句の節句です。
 「端」は物のはし、つまり「はじまり」という意味で、「午」は「五」に通じることから、もともと「端午」は月のはじめの五の日のことでした。その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになりました。日本ではこの日、男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって田植えの前に身を清める神聖な儀式の日でした。しかし、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、鎌倉時代ごろから男の子の節句とされ、甲胄・武者人形などを飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになりました。
 かつては、5月5日が祝祭日で3月3日(雛祭り)が祝祭日でないことについて、男女差別とする見方がありました。しかし近年では、国会の審議での議論で決着がついたことや、5月5日は「こどもの日」というイメージが強くなったため、これに対する批判は見られなくなっています。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから