子育て豆知識

「子育て豆知識」は、子育てに関する情報集です。
内容は、乳幼児期の育児情報と学校教育情報です。
子育て奮闘中のお父さん・お母さん及び全国の保育士の皆さん、そして保育士を目指す学生さん、有効にご活用ください。

免疫

  生まれたばかりの赤ちゃんは体内にいる時にお母さんの胎盤を通して、様々な免疫抗体を受け取っています。(母親が今まで体験した感染症の免疫抗体)
 しかし、お母さんがかかった事のない病原菌に対する抵抗力が全くありません。そのため、出産直後の初乳に沢山の抗体成分や免疫力を高める成分が入っていて、それを飲ませる事により病原菌から赤ちゃんを守る事が出来ます。この免疫力は、約6ヶ月間効果があり、その後赤ちゃんは自分自身の力で免疫力を育てていきます。(参考資料『育児・保育用語辞典』)

目に異物

 目に異物が入ったときに、眼球をこすると傷がつきます。幼児はそのことを知りません。ですから、幼児には日頃から「目に何かが入って痛くなっても目をこすってはいけません。」と、教えておきましょう。
 また、雨の降らない日が続いたり、強い風がふいたりするときは、目にほこりやゴミが入りやすくなります。庭にこまめに水をまいて、異物が目にはいるのを防ぎましょう。

【異物が目に入ったときの応急手当の方法】

◆流水で洗う=ゴミ、砂が入ったら、水道の水を流しながら、目を洗います。

◆目頭を押さえる=ゴミが入った方の目を軽くつぶらせ、保護者(保育者)が目頭をそっと押さえます。涙が自然に出て、一緒にゴミも流れます。 

◆洗面器で目を洗う=きれいな水を洗面器いっぱいにはって、その中で目をパチパチさせます。

◆湿らせた綿棒などで取る=流水や涙でも異物がとれないときは、保護者(保育者)がまぶたを返して開きます。ゴミが見えていたら、水でぬらした清潔な綿棒かガーゼで取ります。ゴミが見えないのにそれでも痛がるときには、眼科で診てもらいましょう。

武者人形

 5月の端午(たんご)の節句に飾る武者姿の人形のことです。
 武者人形は、男の子が無事に大きくなるために、その子の代わりに厄を受けるために飾ります。言うなれば神社から授かるお守りと同じ様なものなのです。武者人形で代表的なものは、鍾馗や神武天皇、桃太郎、金太郎などの物語の主人公が有名です。これらの人形を飾る意味に大差はありませんが、鍾馗は厄を祓う意味を込めて、桃太郎、金太郎などのお人形はその主人公のように強く逞しく育つようにとの願いが込められています。

小1プロブレム

小1プロブレムとは、小学校に入学したばかりの児童が落ち着いて教師の話を聞けず、友達と騒いだり教室を歩き回るなどして授業が成立しない問題です。伸び伸びとした保育園・幼稚園から、決まり事の多い小学校へと学習環境が急激に変化し、児童が戸惑うことが原因とされます。「児童を甘やかし過ぎるなど、親のしつけが行き届いていないことも原因の一つ」と指摘する声もあります。
 この問題解決には、「遊びを中心とした総合的な幼稚園や保育園の学び」から「教科を中心とした小学校の学び」へ、なめらかに接続するカリキュラムや、入学時における子どもや保護者の心理的な負担を少なくするためのとりくみが必要です。また、小学校と保育園・幼稚園との相互理解や交流(園児と小学校児童との交流、職員同士の交流)も大切だといわれています。

つもり遊び

 幼児の遊びの特徴です。お家ごっご、保育園ごっこ、レストランごっご等でお母さんや保育士など、身近な大人になった「つもり」で遊びます。
年長組のつもり遊びは、それぞれに役割を分担して遊びますが、2歳児頃ではお母さんや保育士が何人いても気にしないで遊びます。
「つもり遊び」をたくさん経験させることで、観察や模倣が細やかになり、言語や情緒の発達が進みます。

熱の測り方

 小さな赤ちゃんの場合は首にはさんであごの下で、または肛門体温計を使って肛門で測り、少し大きくなったら脇の下で測ります。といっても赤ちゃんが嫌がって激しく動くようだと正確に測れないため、嫌がらない場所で手早く測ってください。また、脇の下などは、測る前に汗をふいておくようにしましょう。
 体温計は、水銀式や電子式など様々ですが、赤ちゃん用には1分以内で測れるタイプの体温計が適しています。
 体温は1日のうちでも時間帯によって変化しますし、食後や入浴後、遊んだ後などでも変わります。また、測った場所によって若干の差が出るため、毎日同じ場所で測るのがベストです。病気のときには、朝目覚めたとき、昼食前、夕食前、夜寝る前の4回測るのが病状の変化を知る上では理想的です。
 個人差もあるのでふだんから検温を心がけ、元気なときの体温を知っておくことが大切です。

マラカス

 マラカスは、打楽器のひとつ。一般にマラカスと呼ぶが、これは「マラカ」の複数形である。大人の楽団だけでなく、保育園・幼稚園の音楽教育でも使う。
 手に乗るほどの大きさの柄の付いた中空の球の中に、小さな玉を入れ、これを振って音を出す。普通は音の違うものを2個用意し、両手に持ってそれぞれ鳴らす。鳴らすときに、「シャッ!シャッ!シャッ!」とキレの良い音を出すためには、楽器を振り回すことなく、まず楽器を軽く持ち、急激に楽器の球の半径ほど下げて、強く柄を握るようにする。
元来は、ヤシ科のマラカの実を乾燥させて作るが、現在では木製が多い。
玉を球の中に入れず、外に巻き付けたカバサは類似の楽器である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

密室での虐待

 虐待は「家の中」という密室の中で行われることが多く、止めてくれる人がいないということが最も怖いことです。虐待を行う人は、一度子どもへの暴力でストレスが発散されることを知ると、だんだんとその行為がエスカレートしてしまい、周りから制止されないとやめられなくなります。子どもの方からは「自分が悪い子だから暴力をふるわれる」と思っていることが多いので、決して人には言いません。
 子ども時代に虐待を受け続けると、身体や情緒の発達が遅れたりすることもあります。また、虐待を受けているときにはとくに症状があらわれなくても、思春期で非行に走ったり、引きこもりになるケースもあり、多くの場合は一生心の傷として残ってしまうのです。

ままごと

 ままごととは、子どもが道具を使い、ご飯を作ったり、掃除をしたり、ママの真似をして遊ぶことです。
 ままごとは子どもが一度は経験する遊びです。ままごとで表現力、想像力がつきます。子供の空想の世界を大切に育みたいですね。幼児の時にに参加していた男の子も小学生になると恥ずかしさからかままごとから離れてしまうようです。日本のお父さんも小さいときにままごとをもっと続けていたら、お母さんは楽だったかも知れませんね。

雲梯での怪我

 雲梯(うんてい)は学校や保育園に設置されている、子どもの懸垂運動を行う遊具として大切であるが、雲梯での怪我が多いようです。雲梯では次のようなときに怪我をします。
①ぶら下がっている時、手が滑る。
②雲梯の上に登っている時、落ちる。
③雲梯から降りる時、足が滑る。

 ※学校では雲梯の上に乗ることを禁止しているところもあるそうです。
(日本スポーツ振興センター資料より)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから