異物誤飲

    異物誤飲とは乳幼児が飲食してはいけないものを間違って飲み込んでしまうことです。異物誤飲のほとんどのケースが、親の不注意です。以下は異物誤飲を避ける親の心得、対処法、知識などです。ご活用ください。

 

      ●親の心得 
         ・子どもの異物誤飲は親の不注意。子どもの特性を知ろう。 
         ・子どもは何でも興味を示すもの。隠した物も探します。 
        ・子どもは全ての物を口で確かめる。危険な物は手の届かない所に。 
        ・全ての容器の蓋はしっかり閉める。 
       ・口に物を入れている時には大声で怒鳴らない。

  • 異物がのどにつかえた時
    ・あめ玉、ピーナッツ、おもち、硬貨、ボタン、ビニール袋に注意。
    ・咳をしていればまだまだ安全。 
    ・咳が出ずに呼吸がヒューヒューと続けば危険。 
    ・子どもを逆さにして背中をたたく。 
    ・舌の奥に指を入れておう吐させる。
  • 特に危険な品物
    ・トイレ用、排水パイプ用洗剤や漂白剤-口、のどの粘膜が溶けだします。
    ・化粧水、香水、オーデコロン、整髪料-鏡台まわりが危険。 
    ・病院でもらった各種の薬。 
    ・しょうのう、ナフタリン-子どもが小さい時は使わない。 
    ・乾燥剤の生石灰-粉が口に入るとやけどします。
  • 注意を要する品物
    ・タバコの誤飲はトップです。1cm程度なら牛乳を飲ませて様子を見ましょう。1本以上は危険。
    ・液体洗剤のラッパ飲みは危険。 
    ・ボタン電池-誤飲して8時間以上たつと危険。 
    ・皮膚につける軟膏類、なめた程度は安全です。
  • 比較的安全な品物
    ・マッチ棒20~30本なら心配なし。
    ・体温計、金属水銀は無害です。ガラスによるケガに注意しましょう。 
    ・蚊とり線香、蚊とりマットは、人体にはあまり影響はありません。 
    ・インク・クレヨンは無害です。プロの絵具は注意しましょう。 
    ※出典:家庭の医学
社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから