虫歯菌

 むし歯は、口の中のむし歯菌が出す強い酸によって歯が溶けてしまう病気です。
 むし歯菌の量が多いと出される酸の量も増えるため、むし歯になりやすくなってしまいます。
 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌【ミュータンス菌】はいないのです。もし、そのまま大きくなれたら、むし歯で苦労する事も無いのです。
 でも、実際には3歳児では30~50%の子どもにむし歯ができています。
では、いつ頃から、どうして虫歯菌が住みついてしまうのでしょう。それは、いつも身近にいるお母さんからもらってしまうのです。赤ちゃんが使うスプーンをうっかりなめていませんか。お母さんのお箸で一緒に食べさせていませんか。
こんな所からお母さんの虫歯菌が赤ちゃんの口の中に移っていきます。
 むし歯は遺伝するのではなく虫歯菌に感染するのです。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから