6つのコショク

<孤食> 
ひとりでさびしく食べている子ども。栄養のバランスが分からず、食事のマナーを注意されることもない。テレビを観ながらの食事で、機械を相手にしているので人から何か言われるとむかついたり、キレやすくなる傾向があるそうです。
3歳から8歳の間が非常に大事なのだそうです。8歳を過ぎてからのしつけは難しいそうです。

<個食>
家族でいっしょには食べているけれど父親、母親、子どもと食べているものが違うこと。
同じものを食べないので好き嫌いもそのまま、食事のマナーも分からないままになる傾向。

<固食>
ピザならずっとピザ、のようにずっと同じものを食べること。野菜不足で、栄養のバランスも悪く、ミネラル不足。

<小食>
二十歳が骨密度のピークで体を作るピークと言えるけど食べる量が少なく、さらに偏っていると体の基礎が作れないままピークを終え、大人になっていく。
子どものときにちゃんとした栄養のあるものを必要な量、食べさせてあげることは大人の責任。

<粉食>
パン・うどん等、穀類の粉を原料とした食物が主食。日本ではお米の消費量がここ40年で4割減ったそうです。

<濃食>
濃い味付けの料理を好んで食べること。塩分の摂り過ぎ。

(服部栄養専門学校 理事長・校長服部幸應氏の講話より)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから