公園での注意点

公園でお子様を遊ばせてください。公園は交通事故の心配がなく、思いっきり遊ぶことが出来ます。遊具を使ったり走り回ったりすることで体力が養われます。また、たくさんのお友達と出会える場所でもあります。でも公園だからといって、必ずしも安全ではありません。以下は、公園で意識してほしい3つの注意点です。
(1)何が落ちているか分からない。 
 一つは「何が落ちているかわからない」です。「子どもが何かをしっかり握っているので、こじ開けてみたらたばこの吸い殻だった。口に入れる前に気がついて良かった。」という話はよく聞きます。ガラスの破片などが落ちていることもあります。遊ぶ前にチェックしましょう。

(2)次は「何かが飛んでくることがある」ということです。硬いボールで遊ぶ人や花火をしている人がいたら離れてください。バットや傘を振りまわしていたら要注意です。ロケット花火が倒れて飛んできて、子どもの服に火がついたという話もあります。何だか危ないなと感じる直感を大切にしてください。

(3)最後の注意点は「子どもが飛び出すことがある」です。物を追いかることに夢中になり、つい外に飛び出すのが子どもです。お子さんが公園の出口から走り出て、自転車や車にぶつかることがあります。手を離してもけっして目を離してはいけません。また、遊びながら飛び出さないように、落ち着いて敷地の外に出るよう習慣づけることも大切です。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから