初期ゴールデンエイジ

 初期ゴールデンエイジ(3歳~6歳)
 この時期は「神経系」が著しく発達する時期であり、年齢が低ければ低いほど「運動神経」を発達させるのに有効的です。
 小学校にあがる前の子供には、何かをやらせるというよりは、「遊び」だけで十分なのです。ただ子供がやりたがる運動を、精一杯やらせてあげることで、運動神経は勝手に発達していくのです。
 メジャーリーガーのイチロー選手や松井選手も、運動能力を発達させたきっかけについて、ジュニア期には野球よりも自由な遊びを通して「神経系」が鍛えられたのでしょう、と語っています。
(出典:「ゴールデンエイジアカデミー」)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから