新生児低カルシウム血症

新生児低カルシウム血症とは、赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。
 出生後48時間以内に発生する早発型低カルシウム血症と生後1週間前後に発症する晩発型低カルシウム血症があります。早産、お母さんが糖尿病、新生児仮死の場合に発生率が高くなります。症状としては、けいれん、無呼吸、不整脈などがあります。症状の程度に応じて、カルシウム投与などの治療がなされます。
【出典:赤ちゃんねっと】

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから