子育て豆知識

「子育て豆知識」は、子育てに関する情報集です。
内容は、乳幼児期の育児情報と学校教育情報です。
子育て奮闘中のお父さん・お母さん及び全国の保育士の皆さん、そして保育士を目指す学生さん、有効にご活用ください。

幼児語

 幼児語とは、乳幼児期の会話に用いられる言葉のことです。
 でんちゃ(電車)、かじぇ(風)など、幼児期に普通に見られる言い方です。5,6歳頃までには消えていきます。また、ブーブー(車)、ワンワン(犬)など幼児期初期に使用される独特な言葉づかいも幼児語といいます。
 このような言葉は、幼児が自発的に話すこともありますが、多くは周囲の人間が幼児、乳児に語りかけるのみ用いる言葉であって、幼児はこれを聞いて学習し、声を発するようになります。このため育児語(いくじご)と呼ばれることがあります。

布団選び

 ここでいう布団選びとは、赤ちゃん用のふとん選びのことです。
 赤ちゃん用の布団選びをするときには、どのようなところにポイントをおけばいいのでしょうか?まず、敷き布団は適度な堅さであるもの。赤ちゃんの首や背中の骨はまだ固まっていません。未発達の骨をしっかりと支えるために、また赤ちゃんが沈み込みすぎないように、少しかための敷き布団であることが大切です。 また、生まれたばかりの赤ちゃんは体温が約37度と高めなのにもかかわらず、体内で作り出す熱量が十分でなくとっても寒がりです。生後2ヶ月ころまでは、保温性の高い肌掛けや掛け布団をかけてあげましょう。生後2ヶ月を過ぎるころには、赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じくらいになります。体の表面積は少ないのですから、赤ちゃんの方が汗っかき。寝具も吸湿性、通気性にすぐれた素材であることが大切です。汗が寝具の中に残っていると、寝冷えの原因になることもあります。
(参考資料『すくすく育児』)

幼児食の栄養バランス

大人にも言えますが、発育途中の子どもの体作りには、バランスのよい食事をとることが必要です。そのためには、食品の種類を多く組み合わせて、彩りよいメニューを考えましょう。食品は
1群(熱や力のもとになる)、
2群(体をつくる)、
3群(体の調子を整える)に分けられます。
 1群には、ご飯やパン、麺類などの炭水 化物や油脂など、2群は肉や魚、牛乳などのたんぱく質、3群は野菜や果物などのビタミンやミネラルが含まれます。

栄養過剰

    栄養過剰とは、必要以上の栄養を摂ることです。
 子どもに栄養過剰が起こるのは、子どもが泣くと習慣的に食物を与えてしまう、ほ乳びんを気晴らしや遊びのような感覚で与え、ほ乳びんをずっと持たせたままにしている、などの場合です。子どもがいい子にしていたときのご褒美に食物を与えたり、子どもはおなかがすいていないのに与えたものをきれいに食べさせようとする場合も、栄養過剰になります。栄養過剰は、短期的には吐き出しや下痢の原因となります。長期的には栄養過剰の子どもは肥満になることがあります。
【出典:メルクマニュアル】

児童相談所全国共通ダイヤル「189」

児童相談所全国共通ダイヤル「189」
 児童相談所全国共通ダイヤルとは、虐待かもと思った時などに、すぐに児童相談所に通告・相談ができる全国共通の電話番号のことです。「児童相談所全国共通ダイヤル」にかけるとお近くの児童相談所につながります。また、通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は 守られます。
 ところで、これまで、児童相談所全国共通ダイヤルは10桁の番号(0570-064-000)でしたが、覚えやすい3桁の番号にして、子どもたちや保護者のSOSの声をいちはやくキャッチするため、平成27年7月1日(水)から「189」(いちはやく)という3桁の番号になりました。(参考:厚生労働省HP)

クロス箸

保育園では、満3歳を迎える頃に箸を使い始めます。しかしはじめからなかなか上手く使えません。特に多いのがクロス箸です。

 クロス箸とは箸がクロスしてしまう持ち方です。クロス箸の原因は指を握った時に余計な力が入っている、ギュッと握りしめてしまうなどがあります。正しく持っていればクロス箸になることはありません。

正しい箸の持ち方のポイントとしては次のとおりです。
親指は上になる箸を支えるだけで、力は入れず添えるだけです。下になる箸は親指の根元にはさみ薬指を添えて固定したまま動かしません。動かすのは上になる箸だけで、人差し指と中指を動かすことで箸を操ります。この時に力が入りすぎてしまうとクロス箸になってしまう可能性が高いです。

インフルエンザ予防法

冬場に必ず流行するのがインフルエンザ。お子さんが罹患すれば、保育園に登園できないし、お仕事も休まなければならない。大変です。そこで、インフルエンザの予防法として厚生労働省が推進している項目を紹介します。

・流行前のワクチンの接種

・飛沫感染予防のための咳エチケット、マスクの着用

・外出後の手洗い

・適度な湿度の保持

・十分な休養

・バランスのとれた食事の摂取

・人込みや繁華街への外出を控える

※テレビの報道ですでにご存じの方も多いでしょうが、予防法に「うがい」がありません。今まで「手洗い・うがい」と呪文のように子どもには教えていたのですが、厚生労働省は「うがい」を明確に効果有りとは認めないようになりました。ショックです。

(厚生労働省ホームページより)

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは、イタリア人の女医のマリア・モンテッソーリが知的障害児のための教育を研究していく中でその教育法が普通児にも大変、効果的だと気がついたことが始まりです。
 モンテッソーリの教育は「適切な環境が子供を教育する」ということと、「教育とは教え込むことではなく、子どもが自分で伸びようとする力を助けることである」とゆう2つの考えが基本となっています。
 この教育の特徴は、理論と同時に実践を重要視する点にあり教師が子供に教え込むのではなく、子供自身の内面からの生命の成長を助けることであり、幼児の自然性を尊重し、それを引き出す環境や教材を整備することであるとしています。

異物誤飲

    異物誤飲とは乳幼児が飲食してはいけないものを間違って飲み込んでしまうことです。異物誤飲のほとんどのケースが、親の不注意です。以下は異物誤飲を避ける親の心得、対処法、知識などです。ご活用ください。

 

      ●親の心得 
         ・子どもの異物誤飲は親の不注意。子どもの特性を知ろう。 
         ・子どもは何でも興味を示すもの。隠した物も探します。 
        ・子どもは全ての物を口で確かめる。危険な物は手の届かない所に。 
        ・全ての容器の蓋はしっかり閉める。 
       ・口に物を入れている時には大声で怒鳴らない。

  • 異物がのどにつかえた時
    ・あめ玉、ピーナッツ、おもち、硬貨、ボタン、ビニール袋に注意。
    ・咳をしていればまだまだ安全。 
    ・咳が出ずに呼吸がヒューヒューと続けば危険。 
    ・子どもを逆さにして背中をたたく。 
    ・舌の奥に指を入れておう吐させる。
  • 特に危険な品物
    ・トイレ用、排水パイプ用洗剤や漂白剤-口、のどの粘膜が溶けだします。
    ・化粧水、香水、オーデコロン、整髪料-鏡台まわりが危険。 
    ・病院でもらった各種の薬。 
    ・しょうのう、ナフタリン-子どもが小さい時は使わない。 
    ・乾燥剤の生石灰-粉が口に入るとやけどします。
  • 注意を要する品物
    ・タバコの誤飲はトップです。1cm程度なら牛乳を飲ませて様子を見ましょう。1本以上は危険。
    ・液体洗剤のラッパ飲みは危険。 
    ・ボタン電池-誤飲して8時間以上たつと危険。 
    ・皮膚につける軟膏類、なめた程度は安全です。
  • 比較的安全な品物
    ・マッチ棒20~30本なら心配なし。
    ・体温計、金属水銀は無害です。ガラスによるケガに注意しましょう。 
    ・蚊とり線香、蚊とりマットは、人体にはあまり影響はありません。 
    ・インク・クレヨンは無害です。プロの絵具は注意しましょう。 
    ※出典:家庭の医学

延長保育

     延長保育とは、保育園での通常の保育時間よりも長く子どもを預かる制度のことです。
 保護者の勤務時間の都合に合わせて、希望があれば通常の保育時間(園によって保育時間は異なる)よりも長く子どもを預かる制度を延長保育といいます。園によって、実施しているところと実施していない所があります。(延長料金が発生する園がほとんど)延長保育を希望する親は、園の状況をよく見る必要があります。(おやつ、あるいは長時間の場合の夜ご飯はどうなっているのか?保育士の数は十分であるか?対象年齢は?等)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから