子育て豆知識

「子育て豆知識」は、子育てに関する情報集です。
内容は、乳幼児期の育児情報と学校教育情報です。
子育て奮闘中のお父さん・お母さん及び全国の保育士の皆さん、そして保育士を目指す学生さん、有効にご活用ください。

主食持参

 認可保育園の場合、3歳以上児は主食持参という園が多いです。その場合、保育園の3歳児以上のクラスの給食はおかずだけで、ご飯やパンを家庭から持ってきます。(0歳から2歳までのクラスでは主食も出ます)これは国の最低基準に3歳以上児の主食が含まれてなく、補助金が出されてないからです。私立保育園の中には、別途料金を徴収して、主食を提供しているところもあります。大井保育園も別途料金を徴収して、主食を提供しています。

心理的離乳

 心理的離乳とは、子どもが親の保護下にあって依存している状態から、心理的に脱却して一人の個人(社会人)として自立していく過程をいいます。
 心理的離乳は子どもが大人になっていく過程の正常な発達現象です。必要以上な親の自己満足的な愛情欲求や過保護または厳しい監督規制などは、この心理的離乳を阻害します。

主食絵本

 日本図書館協議会評議員で、家庭文庫「すずらん文庫」主宰・渡辺順子氏の造語です。主食絵本とは、幼児向けの絵本のなかで文や絵がしっかりした本で、心の成長に役立つ絵本を指します。文は作者によって表現やリズムが練られています。絵は原色に限らず、淡い色調の絵で書かれていて、そうした色調に興味を示す子どもも多いのです。
 その反対は「おやつ絵本」。テレビのキャラクターものやアニメの絵本で、とっつきやすいので子どもたちは最初は喜んで読むもののすぐに飽きてしまい、何度も読みたいという気持ちが起きにくいようです。

声の聞き分け

 声の聞き分けとは、乳児が声を聞くことで、人の違いが分かることです。
 産まれたばかりの乳児は母親と他の人の声を聞き分けているそうです。また、数ヶ月の乳児は遠くで母親の声がするとその方向に視線を向けて声を出したりするそうです。このように乳児にとって母親は特別な存在といえます。乳幼児には優しい明るい声で語りかけて欲しいものです。

こむら返り

 こむら返りとは、足の裏やふくらはぎがつることです。
 妊娠さんは体重が増えてきて、足の筋肉に負担がかかったり、大きくなったおなかに圧迫されたりして、下半身の血流が悪くなり、足の裏やふくらはぎがつることがあります。
 妊娠中期くらいからよく見られる症状で、夜寝ているときなどに起こります。足がつった時は、足の指を甲の方へそらせ、軽く足全体のマッサージをして、筋肉のストレッチをすると治ります。
 こむら返りは、カルシウム不足によることも多いため、バランスの良い食事をとることが大切です。
(医学百科事典)

親権

 親権とは、未成年者に対する父母の権利・義務の総称で、民法に規定されています。
監護教育権や居所指定権、懲戒権、財産管理権などで構成されます。
乱用に対しては喪失宣告を家裁に請求でき、親族や検察官のほか、児童福祉法に基づき児童相談所所長も請求人になれます。虐待などで緊急に子供の安全確保を図る必要があれば、審判前の保全処分を求めることもできます。

熱があるときの食事

 熱が出ると水分が奪われやすくなり、子どもの場合は特に身体の水分が不足しやすくなります。そこで、水分の補給ができる食べ物を与えましょう。
 また食欲がなくなるのでさっぱりした食べやすい食べ物を与えましょう。

○水分の補給ができる食べ物
「湯ざまし」「番茶」「果汁」「子ども用イオン飲料」「スープ」
○さっぱりした食べやすい食べ物
「プリン」「ヨーグルト」「アイスクリーム」
(日本赤十字社資料より)

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎とは、細菌とウィルスの中間のような性格を持つマイコプラズマ菌が肺に感染して起こる病気です。5歳~10歳の子供に多く見られ、鼻水・高熱・せきが主な症状で、せきが長引くケースが多く見られます。症状が重い場合は入院治療することもありますが、通常は抗生物質を服用して通院で直すケースがほとんどです。せきが長い間おさまらない場合は、マイコプラズマ肺炎の可能性がありますので、病院で診察を受けるようにして下さい。 (参考資料『妊娠・出産・育児用語集』)

ノロウイルス

 ノロウイルスは、冬場の食中毒として有名ですが、夏場の細菌と違いウイルスですから厄介です。食べ物から起こすのもそうですが、人からの感染の可能性がずいぶんあります。同一施設内感染がよくあります。
カキなどの貝類を生で食べなければ大丈夫!というものではありません。患者の唾液、食べ残したもの、吐物、糞便からも感染します。
保育園、幼稚園、小学校など集団で生活する場は、二次感染の可能性が高くなります。

【症状】
嘔吐(はきもどし)下痢、腹痛、軽いカゼ症状

【予防】
〇カキなどの二枚貝な度を食べる時は、よく加熱する。
〇手洗いの励行。
〇適宜うがいをする。
〇調理道具やまな板、包丁、ふきんなどを熱湯消毒する。(85℃で1分または、次亜塩素酸ナトリウムの漂白剤ハイターなどを使う)

周囲にノロウイルスにかかっている人がいる場合は、特に注意が必要です。集団感染の可能性もあります。でもいたづらに怖がらずに、子どもには手洗いとうがいをさせましょう。(参考資料『すくすく育児』)

公園デビュー

 公園デビューとは、母親による子育ての中で、1歳を過ぎて、子どもがヨチヨチ歩き始めてから、子どもを近所の公園、砂場や滑り台、ブランコなどがある空間にお散歩がてら連れ出して、そこに集まってくる他の母親と幼児たちの仲間入りを果たすことです。
 家庭での育児の中では、母親の育児ストレスを軽減できるかどうかが、この公園デビューをうまく乗り越えることが出来るかどうかに関わってくる重要な節目でもあります。
 公園での母親たちの井戸端会議は、子どもの幼稚園、保育園選びから、季節の病気、衣服、発達段階ごとの注意事項、小児科選びなど、育児と幼児の健康についての大切な情報交換の場でもあります。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから