ママ友

 同年代の子どもを持つ母親同士の付き合い。妊娠中の母親学級に始まり、子どもが歩けるようになったら公園デビュー、さらには幼稚園、保育園、そして小学校に上がればPTAからお稽古ごとまで、あらゆる場面で母親同士が顔を合わせることになる。子どもの成長とともに続いて行く長い付き合いで、公園デビューあたりの最初が肝心とよくいわれている。
 公園デビューでは、子どもの積極性、母親の年齢、教員資格の有無などで暗黙のうちに序列が決まり、それを守らないと「リストラ」されてしまうこともあるという。
 「ママ友のおきて」としては、人のしつけや育児法を批判しない、子ども同士を競わせない、派閥争いには荷担しない、合わない人とは無理して付き合わない、などがあげられる。

見立て遊び

 見立て遊びは幼児の特徴的な遊びのひとつで、2歳頃に盛んにします。四角いつみ木やブロックを車に見立てて走らせたり、葉っぱをおままごとのお皿代わりにしたり粘土を細長くして、へびに見立てたりします。
 幼児は、遊びの天才です。この時期の子は高価なおもちゃに見向きもしないで、つみ木、葉っぱや小石など自然のものを上手に使って遊びます。ですから、誕生日やクリスマスなどで決して高価なオモチャのプレゼントは必要ないかも知れませんね。
 おうちの方も外に出たときに、例えば雲を眺めながら、「あそこに、ぞうさんがいるよ」など、雲の見立て遊びをしてみましょう。お母さんや保育士がいろいろと見立てをしてあげると、幼児も、自分なりの見立てをするようになってきます。実はこの見立てが子どもの想像する力を育成するのです。

まずい叱り方

まずい叱り方とは、子どもにとってつらいばかりで、効果のない叱り方のことです。
子どもはほめるばかりでなく、たまには叱ることも必要です。しかし、次のように子どもにとってつらい叱り方はまったく効果がなく、まずい叱り方といえます。まず、子どもにとって一番つらいのは、①「できないことを叱られること」です。まだ指がうまく動かなくて靴が上手に履けない、恥ずかしくて呼ばれても「はいっ」と返事することができない、速く走れない……子どもには、その年齢からいって、できないことがたくさんあります。気質的に苦手なこともたくさんあります。大人でも歌が苦手なのに「歌いなさい」と言われ、うまくできなくて責められたり、叱られたりしたら傷つくでしょう。子どもならなおさらです。ましてこれらは叱って直るものではありません。次に②「感情的に叱られること」もつらいものです。親の怒りをぶつけるような叱り方、これは親がいつ爆発するかと、子どもも顔色をうかがうようになるし、親といてもおびえて過ごすようになってしまいます。その次に、③「体罰を伴う叱られ方」も子どもにとってつらいものです。「しつけのためには、時にはたたくことも必要」「子どもはたたかないと覚えない」という考えもあるようですが、体罰に頼ったしつけは、マイナスが大きいことを知っておきましょう。ひとつには、子ども自身がそうした暴力で人を動かすことを覚えてしまうからです。又、親の顔色をうかがうようになってしまいます。また、④「比較した叱られ方」もつらいものです。「○○ちゃんはできるのに」「お兄ちゃんはそうではなかった」等も子どもは傷つきます。そして⑤「役目を押しつけた叱られ方」もつらいものです。「あなたはお兄ちゃんなんだから」「お姉ちゃんなんだから」「男の子なんだから」「女の子なんだから」等の言葉も、受ける子どもは大変です。あまり小さいうちから「役割」を押しつけないようにしましょう。個性が失われてしまいます。⑥「言葉による暴力」もつらいものです。「うちの子じゃない」「どこかに行っちゃいなさい」よく聞かれる言葉ですが、言われた子どもは親の愛情に不安を感じてしまいます。「ダメな子ねぇ」等も言葉の暴力と言えます。「もう知らない」「~してあげない」等の”脅し”もデリケートな子の心に不安を呼び起こしてしまいます。⑦「人前で激しく叱られること」もつらいものです。たとえ幼児といえども5~6歳になるとプライドも出てきます。プライドを傷つけるようなしかり方はしない方が無難です。

モバイル機器と乳幼児の言葉の発達

スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器で乳幼児を遊ばせるほど、言葉の発達は遅れる可能性がある――。カナダの研究者が平成29年5月4日、小児科学会でそんな調査結果を発表した。

発表を行ったカナダ・トロント大学の研究者によると、生後6カ月~2歳の乳幼児は、スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機などで遊ぶ時間が長いほど、言葉の発達が遅れる可能性が大きくなることが分かったという。

モバイル機器とコミュニケーション能力の発達の関係を調べた調査は初めてではないかとしている。

研究チームは乳幼児約900人について、保護者からの聞き取りで生後18カ月の時点でのモバイル機器の使用時間を調べ、表現力や使える単語数といった言葉の発達の程度と比較した。

その結果、乳幼児の20%が1日当たり平均で28分、モバイル機器を使用していることが判明。1日当たりの使用時間が30分増えるごとに、音声や言葉を使った表現発話の発達が遅れるリスクは49%増大することが分かった。
 米小児科学会ではモバイル機器の使用について、家族とのビデオチャットを除き、18カ月未満の乳幼児には一切使わせないことが望ましいとしている。
(引用:CNN.co.jp平成29年5月5日)

三つ心、六つ躾、九つ言葉で文十二、理十五で末決まる

 三つ心、六つ躾、九つ言葉で文十二、理十五で末決まるとは、三歳で心を作り、六歳で躾を完了して、九歳で正しい言葉を使え、十二歳で親の代筆ができて、理屈が十五歳で理解出来れば、その子の将来は決定するという意味です。
 現在ではなじみの薄いことわざです。読み方は「みっつこころ、むっつしつけ、ここのつことばでふみじゅうに、ことわりじゅうごですえきまる」です。
江戸時代の育児に関することわざですが、この考え方は子供の発達段階に応じたタイムリーな教育のあり方を的確に表しています。「心」を教えるのは三歳までで、その後に躾や読み書き算盤(そろばん)を教えるという考え方は「三つ子の魂、100まで」という言い伝えと同じです。江戸時代の躾は知恵であって知識ではありません。習慣として身体に染み込ませない限り身につかないという考えがってこのようなことわざがあったのでしょう。
 現代では死語ととらえた方がいいでしょうか?それとも十分通用するとお考えでしょうか?、例え現在では通用しないとしても、意味をしっかり受けとめておきたいことわざです。

孫育ての手引書

 共働きの家庭が増え、親に代わって祖父母が孫の育児をする「孫育て」が増えているのを受けて、日本助産師会が「孫育て」の手引書を初めて作りました(2010年5月)。
  共働き家庭の増加や保育所不足などを背景に、親に代わって祖父母が孫の育児をする機会が増えていますが、かつての育児の常識が今とは異なり、親との間でトラブルになるケースも出ています。このため日本助産師会は、祖父母が孫の育児をする際の方法や注意点をまとめた「孫育て」の手引書を初めて作りました。手引書では、祖父母世代が子育てをしたときと育児の常識が変わった点が詳しく記され、例えばかつて「抱き癖がつく」とされていた「抱っこ」が、今は情緒をはぐくむために積極的に勧められていることなどが書かれています。このほか、家庭の中での子どもの事故防止策や、おもちゃや絵本選びのこつも紹介されています。日本助産師会の岡本喜代子専務理事は「世代間の育児のギャップを埋めて、自信を持って孫育てにかかわってもらい、祖父母、親、孫の3世代すべて幸せになってもらいたい」と話しています。

むら飲み

 「むら飲み」とは、赤ちゃんが飲む母乳やミルクの量が、日や時間によってまちまちであることをいいます。とくに生後2~3ヶ月を過ぎた赤ちゃんにはこのむら飲みが、よく見られます。むら飲みが続くと、栄養が足りているのかどうか、心配するパパ・ママも多いようですが、赤ちゃんにとってむら飲みは普通のこと。機嫌がよくて、順調に発育しているようならば、赤ちゃん自身がそのときどきに必要な量をコントロールしているのだと考えて、心配することはありません。大人と同じように、赤ちゃんも、体調や環境によって、そのときどきに必要な量が違うのだと考えましょう。
【出典:AllAbout】

マグネット反射

 マグネット反射とは、人間に生まれつき備わっている反射行動のひとつです。両脇を支えて立たせると脚が柱のようにまっすぐになる反射のことです。生後2~3ヶ月で消失するといわれています。
(引用:心理カウンセリング用語辞典)

目の健康と子どもの成長

 目の健康は、目以外の子どもの成長にも大きく影響します。
 目が見えづらいと、次のような状況も起こります。
○良き書きが苦手になります
 本を読んだり、文字を書いたりすることが難しいとかんじるようです。
○スポーツが苦手になります
 距離感が測れなかったり、ものを知覚する速度が遅かったりするため、スポーツが苦手だと感じることもあります。
○消極的になります
 相手の顔や表情が見えにくく、周囲の状況が把握できないため、人との関わりが消極的になる場合もあります。  
(引用:参天製薬HP)

むら食べ

 赤ちゃんはその日の運動量や気分で、食べる量にむらが出てきます。それは大人だって同じです。
 食事の量は1日単位で考えずに、1週間単位である程度食べているかどうかをチェックしましょう。たまに食欲がない日があっても、赤ちゃんがご機嫌で元気があり、順調に体重が増えていれば心配ありません。
(引用:たまひよweb)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから