自我

 ものごとを意識し、認識し、考え、欲し、あるいは努力するといった様々な行動をとる主体を自我といいます。自我は自分を他人や周囲のものごとと区別するものです。これは後天的に確保されるもので、生まれて間もない子どもには自分と他人の区別はつきません。これを未分化といいます。1歳くらいから自分があらわれます。

小1プロブレム

小1プロブレムとは、小学校に入学したばかりの児童が落ち着いて教師の話を聞けず、友達と騒いだり教室を歩き回るなどして授業が成立しない問題です。伸び伸びとした保育園・幼稚園から、決まり事の多い小学校へと学習環境が急激に変化し、児童が戸惑うことが原因とされます。「児童を甘やかし過ぎるなど、親のしつけが行き届いていないことも原因の一つ」と指摘する声もあります。
 この問題解決には、「遊びを中心とした総合的な幼稚園や保育園の学び」から「教科を中心とした小学校の学び」へ、なめらかに接続するカリキュラムや、入学時における子どもや保護者の心理的な負担を少なくするためのとりくみが必要です。また、小学校と保育園・幼稚園との相互理解や交流(園児と小学校児童との交流、職員同士の交流)も大切だといわれています。

主食持参

 認可保育園の場合、3歳以上児は主食持参という園が多いです。その場合、保育園の3歳児以上のクラスの給食はおかずだけで、ご飯やパンを家庭から持ってきます。(0歳から2歳までのクラスでは主食も出ます)これは国の最低基準に3歳以上児の主食が含まれてなく、補助金が出されてないからです。私立保育園の中には、別途料金を徴収して、主食を提供しているところもあります。大井保育園も別途料金を徴収して、主食を提供しています。

心理的離乳

 心理的離乳とは、子どもが親の保護下にあって依存している状態から、心理的に脱却して一人の個人(社会人)として自立していく過程をいいます。
 心理的離乳は子どもが大人になっていく過程の正常な発達現象です。必要以上な親の自己満足的な愛情欲求や過保護または厳しい監督規制などは、この心理的離乳を阻害します。

主食絵本

 日本図書館協議会評議員で、家庭文庫「すずらん文庫」主宰・渡辺順子氏の造語です。主食絵本とは、幼児向けの絵本のなかで文や絵がしっかりした本で、心の成長に役立つ絵本を指します。文は作者によって表現やリズムが練られています。絵は原色に限らず、淡い色調の絵で書かれていて、そうした色調に興味を示す子どもも多いのです。
 その反対は「おやつ絵本」。テレビのキャラクターものやアニメの絵本で、とっつきやすいので子どもたちは最初は喜んで読むもののすぐに飽きてしまい、何度も読みたいという気持ちが起きにくいようです。

親権

 親権とは、未成年者に対する父母の権利・義務の総称で、民法に規定されています。
監護教育権や居所指定権、懲戒権、財産管理権などで構成されます。
乱用に対しては喪失宣告を家裁に請求でき、親族や検察官のほか、児童福祉法に基づき児童相談所所長も請求人になれます。虐待などで緊急に子供の安全確保を図る必要があれば、審判前の保全処分を求めることもできます。

新生児の反射

新生児には3つの反射があります。モロー反射と乳探し反射と吸引反射です。
モロー反射では、新生児はびっくりしたときに、指を開いた状態で腕と脚を外側と前に向かってゆっくりと振り動かします。乳探し反射では、口の片側をさわられると、新生児の頭がそちら側に向きます。この反射により新生児は乳首をみつけることができます。吸引反射では、新生児は口の中にものを入れられると、すぐにそれを吸いはじめます。

食事用チェアの選び方

 食事用チェアの種類はたくさんあります。よりよいものを選びましょう。チェックポイントは次の通りです。
チェックポイント
●移動がしやすいか
●赤ちゃんが指を挟む隙間がないか
●高さ調整ができるか
●安全バーやテーブルの取り外しが可能か
●丈夫であるか(長く使うことを頭に入れて購入を)
●安定感があるか

食事用ハイチェア

 食事用ハイチェアは、離乳食を開始した頃から使い始める、赤ちゃんの食事用椅子です。赤ちゃんと保育者が同じ目線で食事ができます。木製、プラスチック製、パイプ製、テーブル付きや折りたたみ、高さ調整可能なチェアなどがあります。長く使う人は、高さを調整して使用するようです。

弱視

弱視とは、乳幼児の時期にものをはっきり見ることができず、視力の発達が止まってしまう病気のことを言います。
症状としては、見にくそうなしぐさ、目を細めてみる、横目で見る、テレビにくっついて見る、黒目がゆれるなどの症状があらわれます。遠視や乱視などによって、外界からの視覚刺激が阻害されることが原因です。
治療としては、片側だけの場合は、正常な目に眼帯をし、弱視の目で見させる治療がおこなわれます。また、遠視や乱視がある場合は、めがねを用いて治療がおこなわれます
(病気の基礎知識大辞典より)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから