子育て豆知識

「子育て豆知識」は、子育てに関する情報集です。
内容は、乳幼児期の育児情報と学校教育情報です。
子育て奮闘中のお父さん・お母さん及び全国の保育士の皆さん、そして保育士を目指す学生さん、有効にご活用ください。

未満児

 正式名称は3歳未満児ですが、保育界では略して「未満児」といいます。3歳未満児とは、児童の保育が開始された日の属する月の初日において3歳に達していない児童をいい、年度の途中で3歳に達したときも、当該年度中に限り3歳未満児とみなします。

虫さされとアンモニア

虫さされの治療に、以前からアンモニアがよく使われているようです。日本医薬品集にも10%アンモニア水が虫さされの適用として収載されていますが、これを必ず2~10倍にうすめて使用すること、同一部位に反復使用しない、とくに湿布等の長時間にわたる接触はさけることと注意書きされています。

 アンモニア水で湿布したり、あるいは原液をそのまま外用して、皮膚のひどいただれや深い潰瘍をひきおこし、ときには植皮術をおこなわなければならないというようなケースもみかけます。

 アンモニアが虫さされや虫毒に効くという、確かな根拠には乏しいようです。

 自分でできる虫さされの無難な治療は、氷でしっかり患部を冷やすことです。アロエやわけのわからない薬を外用することもやめましょう。かぶれることの方が多いからです。

(山口県医師会)

 

 

シロップ剤の上手な飲ませ方

 乳幼児がシロップ剤をいやがってなかなか飲んでくれなくて困ることがありますね。そのようなときには次の方法を試みてください。

 

【ステップ1】成分が分離していることが多いので、ボトルを静かに振って混ぜましょう。1回分を小さなコップなどに正確に計ります。

 

【ステップ2】ベビー用のスポイトや哺乳びんの乳首、スプーンなどを利用して飲ませます。

※口の脇から頬の内側に少しずつたらすようにすると、うまく飲ませることができます。

 

【ステップ3】飲ませた後は、口の中がベタベタしやすいので、水や湯冷ましなどを飲ませてあげてください。

 

(参考資料:ファイザー株式会社)

ポジティブ・ディシプリン

ポジティブ・ディシプリンは、「前向きなしつけ」と訳されます。

 叩いたり、脅したりするのではなく、子どもの気持ちを素直に受け止め、親子が共に育つことを目指す育児法です。心がけなければならないのは、(1)子どもに、どんな大人になってほしいかを考え(2)自分で課題を解決できるよう安心感を与え、情報やルールを与える(3)発達に応じた感じ方や考え方を理解する、などです。こうすることでしっかりとした親子関係を築くことができるようになるといいます。子どもの気持ちを受け取るためには、(1)話をする子どもと目線を合わせる、(2)話を始めたら、中断せずに最後まで話を聞く、(3)子どもの話が終わったら、親はその話をどのように受け取ったかを要約して、子どもに話す、の3つを守る必要があるといいます。そうすることで、子どもは自分の話を聞いてもらえる安心感を得ることができ、やりたいことに対する意欲を引き出すことにつながります。

 

虫歯菌

 むし歯は、口の中のむし歯菌が出す強い酸によって歯が溶けてしまう病気です。
 むし歯菌の量が多いと出される酸の量も増えるため、むし歯になりやすくなってしまいます。
 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌【ミュータンス菌】はいないのです。もし、そのまま大きくなれたら、むし歯で苦労する事も無いのです。
 でも、実際には3歳児では30~50%の子どもにむし歯ができています。
では、いつ頃から、どうして虫歯菌が住みついてしまうのでしょう。それは、いつも身近にいるお母さんからもらってしまうのです。赤ちゃんが使うスプーンをうっかりなめていませんか。お母さんのお箸で一緒に食べさせていませんか。
こんな所からお母さんの虫歯菌が赤ちゃんの口の中に移っていきます。
 むし歯は遺伝するのではなく虫歯菌に感染するのです。

向き癖

 向き癖とは、あおむけに寝かせると、いつも同じ方向にばかり向くことをいいます。

 赤ちゃんの頭はまだ柔らかいので、いつも同じ方向を向いていると下になる部分が平らになってしまい、一度このような状態になると安定性がよいのでますます同じ方向を向くよ うになります。

 頭の形がいびつになって心配するお母さんもいますが、あまり気にする必要はありません。かなりひどい頭の変形でも、おすわりができるようになり、起きている時間 が長くなってくると頭の形もだんだん直ってきます。それに、髪の毛も伸びてきます から多少いびつでも目立たなくなります。気になるようなら、起きているときにうつ伏せにしたり、向きぐせのある方と反対の方を明るくしたり、そちら側からあやしたりして、頭の向きを変える工夫をしてみましょう。

(参考資料『すくすく育児』)

熱中症の応急措置

 「熱中症ではないだろうか?」と疑ったときには、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

 

現場での応急措置

①涼しい環境への避難

  風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。

②脱衣と冷却

  ・衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。

  ・露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。

  ・氷嚢などがあれば、それを頚部、脇の下、鼠頚部(大腿の付け根、股関節部)に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすことも有効です。

  ・体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。

  ・救急隊を要請したとしても、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められます。

 (環境省保健指導マニュアルより)

 

ミルク嫌い

ミルク嫌いは、混合栄養をしていて2~3か月ごろに、母乳は飲むがミルクは嫌がるという形で現れます。赤ちゃんに知恵がついてきて、味の違いや吸い方の違いがわかってくるからです。また、食欲中枢の機能が出てきて、飲む量のコントロールがおこり、食欲の自己調整からミルク嫌いに見えることもあります。いずれにしてもこの時期に無理強いすると本格的なミルク嫌いになってしまいます。自然にまかせていますと、また、ミルクを飲むようになります。

 (参考資料『子育て相談の手引き』)

免疫

生まれたばかりの赤ちゃんは体内にいる時にお母さんの胎盤を通して、様々な免疫抗体を受け取っている。(母親が今まで体験した感染症の免疫抗体) しかし、お母さんがかかった事のない病原菌に対する抵抗力が全くない。そのため、出産直後の初乳に沢山の抗体成分や免疫力を高める成分が入っていて、それを飲ませる事により病原菌から赤ちゃんを守る事が出来る。この免疫力は、約6ヶ月間効果があり、その後赤ちゃんは自分自身の力で免疫力を育てていく。(参考資料『育児・保育用語辞典』)

おけいこの日

昔から「6歳の6月6日から芸事・習い事のけいこを始めると上達する」と言い伝えられていることにちなみ、書道、そろばん、絵画、ピアノなどの業界は6月6日を「おけいこの日」としている。

 なぜ「6」づくしがいいのか?一説によると、数を指で数える際、5までは親指から指を曲げるが、6になると逆に小指から指を立てるため、「子が立つのは6」と縁起をかついだとも言われている。

 現在、親が子供に通わせたい習い事の上位は(1)英語(2)楽器(3)水泳(4)書道(5)そろばん…だというが、日本が誇るべき柔道や剣道は10位までに入っていない。これは、海外からみれば不思議以外の何ものでもない。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから