学ぶ意欲

 学ぶ意欲とは、積極的に学ぼうとする気持ちで、学力の源となります。

  広辞苑によれば「学ぶ」とは「まねてする。」「ならって行う」「教えを受ける」「業を受ける」「習う」「学問をする」とあります。また、「意欲」とは「積極的に何かをしようと思う気持ち」とあります。

  ところで、学ぶ意欲は、学校の授業の中で育つと考えがちですが、家庭の生活習慣とも深く関わっています。

  文部科学省は、2007年4月24日、小学6年と中学3年を対象に全国学力テストを行いました。この調査では、学力の現状だけでなく、子どもの学ぶ意欲が家庭の生活習慣と深く関わっているという、大変重要なことが明らかになりました。それは家庭や学校での出来事をよく話す子ども、そして朝食を毎日とり、学校の規則やルールを守る子どもの方が正解率が高い傾向にあったということです。

  これらのことから、「学ぶ意欲は、学校・保育園・幼稚園の教育的営みとともに家庭での規則正しい生活習慣で育成できる」ということがいえます。

味覚音痴

 音痴というのは、音に対する感覚が鈍いことをいいます。味覚音痴とは、味に対する感覚が鈍く、味の違いが分からないことをいいます。

  最近は味覚音痴の子どもが増えています。一つには、亜鉛の摂取量不足が言われていますが、「食べ物を良く噛まないこと」も大きな原因です。

  舌の表面には味蕾(みらい)という組織が並んでいて、ここで食物の味を感知します。味の成分は、食物を十分にかみ砕き、唾液と混じることによって味エキスを溶かし出してくれます。唾液が十分に出ないと、食物はモソモソするばかりで、味が感じられなくなり、飲み込むことすら困難になってしまいます。

 

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから