疳の虫

 疳の虫 カンノムシ カンムシ 虫切り 虫封じなど日本にはいろいろな言い方があります。江戸時代の「疳」と現代の「疳」では意味合いがちがっています。現代では「疳の虫」といえば夜泣き・癇癪などを指すことが多いのですが本来は「疳」は、東洋医学においては子どもの疾病を考える上で中心となる概念です。
 古来、小児の病の多くは驚風と五疳に分類して治療していました。症状を指すもので、病名ではありません。
五つとは肝疳 心疳 肺疳 脾疳 腎疳を指します。
 現代では疳を疾病と健康の中間状態・半健康または疾病準備状態と位置づける考え方もあります。鍼灸医療では、よく泣く 奇声人に噛みつく 爪をかむ 指をしゃぶる 過食による腹の張り 一過性の発熱 吐乳 嘔吐 食欲不振 下痢 水ばな 鼻づまり 咽の痛み せき 風邪を引きやすい 異嗜症 チック様症状 落ちつきが無い なども疳の虫の症状としています。
(引用:こどもの健康専門ドットコム)

保育園での感染症

 生後6ヶ月ぐらいになると、お母さんからの免疫がなくなって、保育園などで感染症にかかる割合が高くなります。水ぼうそうやおたくふかぜは一度かかれば今後かかりませんが、これ以外は、移る可能性があるので、かかりつけの医師に、保育園に行っているという条件で、必要な予防接種をしっかりと受けるようにしましょう。子どもの感染症が続くと、長く休まないといけないなど、お母さんの仕事にも大きな影響が出てきます。
(参考:育児辞典)

スリング

 スリングとは、抱っこひものことです。赤ちゃんを包んだ1枚布をリングに通すなどして、たすき状に肩から下げる抱っこひもスリングがはやっています。「おしゃれ」「簡単に手作りができる」が理由ですが、選び方や使い方を間違えると大きな事故につながる危険があります。
<スリングの長所>
 スリングは新生児から3歳ごろまで使われていて、簡単に手作りできるところにも人気の秘密があります。
・手を自由に使える
・授乳の目隠しになる
・色や柄がおしゃれ
・持ち運びやすい
<スリングの短所>
 誰でも簡単に作れるため、きちんとした知識がないまま使用しているケースが多いようです。
・リングが割れての転落
・布が裂けての転落
・リングから布が抜けてしまう転落
・赤ちゃんを柱の角などにぶつける 
(引用/eー育児)

しめ縄回収で大井町を回りました

  今日は、年長さんが13日のどんど焼きに向けたしめ縄集めで大井町を回わりました。「おはようございます。しめ縄をいただきにきました。」と玄関で園児達が声をかけますと、お家やお店の方は園児達が来るのを心待ちにされていたようで、「待っていましたよ。持って行ってね!」と快く対応していただきました。
 大井保育園は、子ども達が人と関わる力を育てていくため、地域の人々と関わっていける環境作りにも努めています。この町内を回るしめ縄回収もその一環です。
 大井町役員の吉田実さん、ご支援ありがとうございました。また、町内の皆様、ご協力ありがとうございました。

ダメよ!ちゃんと命があるとよ!

 園庭で男の子がカメムシを見つけ、砂をかけようとしました。
そのとき
「ダメよ!ちゃんと命があるとよ!」と、声をかけ教えてくれた子がいました。
心も体といっしょに成長しているんですね。すごくうれしい一声でした。(年長クラス保育士)

大井中央公園まで散歩に行きました

 今日は、3歳以上のクラスみんなで大井中央公園まで散歩に行きました。大きなすべり台をすべったり、坂をよじ登ったり、芝生公園で遊んだり、楽しく過ごしました。

父性

父性(ふせい)とは、子育てにおいて、父親に期待される性質のこと。子供を社会化していくように作動する能力と機能である。母性とは異なる質の能力と機能とをいうことが多い。母性が子供の欲求を受け止め満たして子供を包み込んでいくことを指すのに対して、子供に我慢、規範を教え、責任主体とし、理想を示すものである。
 心理学や社会学、保育学、教育学において育児における「父性の復権」が論じられ、父性と母性の相互補完的秩序を家族のあるべき姿とする議論が度々巻き起こる。もっぱら父親や男性の大人が父性を持つべきであるとする主張と、母親や女性もまた父性的なるものを持つことがあるし、また持つべきである(父親にも母性があり、母性を持つべきである)という主張がある。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

凧揚げをしました

 今日は、ビニール袋に自由になぐり描きやシール貼りをしてオリジナルの凧を作りました。自分の好きな色のすずらんテープを貼って「できた!」と嬉しそうな子ども達。
 外に出る前から「ぼくのどこ!」と、自分の凧を確認し、うずうずしていました。
 大井公園で思いっきり走ってみんなで楽しみましたよ。可愛い写真が撮れましたよ。(2歳児クラス担任)

今日から保育がはじまりました

新年あけましておめでとうございます。
今日から平成29(2017)年の保育がはじまりました。保護者の皆様、地域の皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから