マラソン大会を行いました

1月31日、大井中央公園でマラソン大会を行いました。3歳以上児のお友達はたくさんのお家の方の声援を受けて、全員完走しました。

終了写真を撮りました

今日は本年度の終了写真を撮りました。0歳児クラスから5歳児クラスまで、みんな笑顔で写りましたよ。

1月の誕生会をしました

 今日は1月の誕生会でした。1月生まれの8人のお友達をみんなで祝いました。クラスのみんなと先生からの出し物のプレゼントもありました。

マラソンをしました

 今日は、4歳児、5歳児クラスのみんなで大井中央公園に行ってマラソンをしました。
マラソン大会は、1月31日です。みんなはこの日に向けてしっかり走り込んでいます。

ぽかぽかことば

 ここでいうぽかぽかことばとは、人から言われてほっとし、安心できることばのことです。(※心がぽかぽかすることば)
 たとえば、「おはよう」「さようなら」「ありがとう」「なかまにいれて」「いいよ」「いっしょにあそぼう」「どうしたの?」「だいじょうぶ?」「ごめんなさい」などですね。
 子どもは何気ない一言がきっかけで、トラブルが起きることがあります。そこで、「ぽかぽかことば」を軸にした教育を展開し、子ども同士のより良い人間関係を築こうとしている学校や保育園が増えてきました。
 反対のことばとして、人の心をチクチクと刺し、嫌な気持ちや悲しくなってしまう「ちくちくことば」があります。

安全能力

 安全能力とは、自分や他人を事故や傷害や災害から守る能力のことです。事故が発生する前に予測する事故予測能力と、不幸にして事故の発生をみた場合に、それに対応する事故処理能力とがあります。この両者は、共に大切なことですが、安全保育の立場からは「ころばぬ先の杖」で、事故予測能力の育成に重点をおく必要があります。
<引用:保育ミニ辞典>

3歳の壁

 2015年度から認可の新しい保育制度として、小規模保育や家庭的保育(保育ママ)、事業所内保育などがスタートしました。しかし、これらの対象は原則0~2歳児です。3歳からは、他の保育施設に転園しなければなりません。小規模保育等に入園できても、満3歳の4月までに認可保育園、認定こども園、幼稚園などに移ることが前提となっているので、そのときにまた「保活」をするのか、もし入れなかったらどうなるのか、これがいわゆる「3歳の壁」です。社会福祉法人大井会運営の空港前保育園は4月にオープンします。空港前保育園は連携施設として大井保育園があります。つまり3歳からは大井保育園が保証されているのです。

散歩が大好きです

 大井保育園の園児は散歩が大好きです。以上児さんは昨日も大井町を回りました。きっと足腰が強くなりますよ!

どんど焼きをしました

 今日は、園庭でどんど焼きをしました。町内や各家庭から持ってきてもらったしめ縄を焼きました。「今年1年みんなが健やかに成長しますように!」と祈りました。

三つ心、六つ躾、九つ言葉で文十二、理十五で末決まる

 三つ心、六つ躾、九つ言葉で文十二、理十五で末決まるとは、三歳で心を作り、六歳で躾を完了して、九歳で正しい言葉を使え、十二歳で親の代筆ができて、理屈が十五歳で理解出来れば、その子の将来は決定するという意味です。
 現在ではなじみの薄いことわざです。読み方は「みっつこころ、むっつしつけ、ここのつことばでふみじゅうに、ことわりじゅうごですえきまる」です。
江戸時代の育児に関することわざですが、この考え方は子供の発達段階に応じたタイムリーな教育のあり方を的確に表しています。「心」を教えるのは三歳までで、その後に躾や読み書き算盤(そろばん)を教えるという考え方は「三つ子の魂、100まで」という言い伝えと同じです。江戸時代の躾は知恵であって知識ではありません。習慣として身体に染み込ませない限り身につかないという考えがってこのようなことわざがあったのでしょう。
 現代では死語ととらえた方がいいでしょうか?それとも十分通用するとお考えでしょうか?、例え現在では通用しないとしても、意味をしっかり受けとめておきたいことわざです。

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから