父子手帳

「母子手帳」の父親版です。「母子手帳」が母子保健法に定められていて妊婦全員に配布され、健康管理に重点が置かれているのに対して、「父子手帳」は法の定めはなく、内容も自由です。名前も「パパ手帳」「父親ハンドブック」「新米パパの子育て読本」「お父さんといっしょ」「父子健康手帳」などさまざまです。手がけているのは自治体や教育専門家、市民らで、内容もそれぞれ工夫がこらされてます。
 たとえば、自治体として初めて「父子手帳」を作った東京都の「父親ハンドブック」は、導入部分で、妊娠から出産までの妊婦の様子や0歳~6歳までの子どもの成長過程など、子育ての全体像を把握できるカレンダーを掲載。このほか、「おむつを替える」「お風呂に入れる」といった実用的な子育てガイドや、先輩パパたちの出産&育児体験記などを掲載し、新米パパにとっては、まさに子育ての羅針盤となる内容となっています。
 また、静岡県教委が発行する「お父さんの子育て手帳」では、「子どもの話を聞くようにしているか」「進路について夫婦で話し合っているか」など、自己採点をして親子関係を見直すページも掲載。「父子手帳」の大半は乳幼児を対象としていますが、このように、中には中高生までの子どもを対象としたものも登場し、多彩な内容で展開されています。
(引用:ヤフー辞書)

誤飲事故防止チェックリスト

 家庭内での化学製品(化粧品、洗剤、医薬品、農薬など)の保管の仕方や使用法についてチェックし、事故を未然に防ぎましょう。

□子どもの目につかない場所や手の届かない場所に保管している
□それぞれ決まった場所に、区別して保管している
□使用したあとは、すぐに片付けている
□他の容器に移し替えていない
□ラベル(表示)がはがれずについている
□冷蔵庫に食品以外のもの(コンタクトレンズ用品、殺虫剤など)は入っていない
□ホウ酸団子をみえる場所に置いていない
□異なる種類の薬品を混ぜたり同時に使用しない
□不要の医薬品は常に捨てている
□これまでに誤飲事故が家庭で起こったことがない

乳児のかみ方

 赤ちゃんの食べ物をかむ方法のことです。
 赤ちゃんの歯がなかなか生えないのに、離乳食をかたくしていって大丈夫かと思いますが、赤ちゃんは歯でかんでいるわけではありません。赤ちゃんの歯は、7ヶ月前後から、下の前歯、上、1歳ごろに上下4本ずつ生えますが、離乳食が始まる時期には、舌で離乳食をつぶして食べています。ですから、舌で十分につぶせるかをチェックしながら、離乳食を用意する必要があります。(引用:育児辞典)

気道異物

 何かを口に入れ、のどに詰まらせてしまった、という事故が気道異物です。とくに2才以下の乳幼児に多く見られる傾向があります。異物が気管や肺に入ってしまったため、それを外に出そうとしてせきが出ます。この症状は一時的なもので、しばらくすると落ち着きますが、せきなどをして入り込んだ異物が動くと、そのたびにはげしくせき込んだりします。
 飲み込みやすい異物としては、0~3才で圧倒的に多いのがピーナツなどの豆類。とくに2才以下の子どもの場合、そのまま飲み込んでしまって気道に入り込んでしまうのです。ピーナツが気道に残ってしまうと、ふやけて外に出にくくなり、ときにはこれが原因で肺炎を起こすことも! そうたびたび起こる事故ではありませんが、乳幼児を持つお母さんは、ぜひ注意してできるだけ防いでほしいと思います。
 場合によっては、異物が気管に詰まって呼吸困難を起こすこともあるので、異物を取り出すための手術が必要になることもあります。
 かぜをひいているわけでもないのに、急にはげしくせき込んで顔が真っ赤になる、さっきまで元気だったのに急に目を白黒させてむせる、などの場合は、すぐに口を大きく開かせてチェックしてみましょう。口の中にものが入っている場合は、自然にせきが出てものが飛び出すこともあるので、少し様子を見ます。
 のどのあたりに何かひっかかっているのが見えたら、お母さんが指を突っ込んで取り出してあげましょう。小さい赤ちゃんでうまく取れない場合は、無理をせずに病院へ連れていってください。
 また応急処置として、赤ちゃんの両足首をつかみさかさにして背中をたたいて、幼児の場合は腹部をかかえて頭を下げながら、背中をたたいて異物を吐き出させます(左のイラスト参照)。すでに呼吸がゼーゼー言って苦しそうな場合は、すぐに救急車を呼んで大きな病院に連れていってください。
(出典:gooベビー)

急性咽頭炎

急性咽頭炎は、咽頭の粘膜およびリンパ組織の急性炎症であり、風邪の一症状として起こることが多い。咽頭と喉頭の粘膜は連続しており、急性鼻炎も含め同時に認めることも多い。アデノウイルスなどのウイルスが原因です。
 主な症状は、のどの腫れ、せき、発熱比較的急に、のどが赤くはれることが多く、異物感や乾燥感があり、ものを飲みこむときに痛みを感じたり、ときには耳のほうに痛みがひびくことがあります。
 また、せきばらいやからせきをともなったり、発熱や全身倦怠感をきたす場合があります。
(引用:子育てまっぷ)

林 明子

 林 明子(はやしあきこ)さんは1945年、東京都生まれの児童文学者です。横浜国立大学教育学部美術学科卒業。1973年に、はじめての絵本『かみひこうき』を出版。『きょうはなんのひ?』(福音館書店)で第2回絵本にっぽん賞受賞。『おふろだいすき』(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞など、国内外の絵本賞を受賞しています。
代表的な作品は『はじめてのおつかい』『こんとあき』『くつくつあるけのほん』(以上、福音館書店)。挿絵に、『ガラスのうま』(偕成社)『なないろ山のひみつ』(福音館書店)などです。

3月行事のお知らせ

  5日(土) 保育参観・クラス懇談
       (さくら、きく、ゆり)          
保護者会総会 
  8日(火) お別れ遠足
  9日(水) 未満児クラス発育測定
 10日(木) 以上児クラス発育測定
 12日(土) 新規入園説明会 
 15日(火) 避難訓練 
16日(水) お別れ会
 19日(土) 第5回卒園式
 20日(日) ノーテレビデー 
 22日(火) 子育てサークル  
 24日(木) 誕生会  
 31日(木) 27年度保育終了

※ 入園式は4月2日(土)です

マラソン大会をしました

 今日は、大井中央公園でマラソン大会をしました。3歳以上児クラスのお友達は1年間のマラソン活動の成果をしっかり発揮し、全員が完走しましたよ。応援に来てくれたおうちの方から大きな拍手をいただきました。
20160226marasonnt (61)

20160226marasonnt (77)

20160226marasonnt (98)

ジャガイモを植えました

 今日は久し振りに畑に関するニュースです。2月22日、さくら組ときく組がジャガイモを植えました。大井会理事の向田さん作成による園オリジナルの竹スコップを初めて使いました。使いやすくて園児は大喜びでした。みんなで植えたイモは男爵イモとメイクイーンです。収穫は6月頃になります。
20160222kiku (26)
20160222jyagaimo (3)

20160222kiku (6)

20160222kiku (21)

今日は麺の日です

 今日は麺の日です。メニューは焼き肉パスタでした。味付けはシンプルに醤油、砂糖、みりん、すりごまなのに焼き肉の味がしたパスタになるんです。子ども達もだい好きのようでした。
28.2.25 麺の日 焼き肉パスタ

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから