家族の食事の時間

 お父さんの帰りが遅くて、家族そろって一緒に食事をとることが難しいというご家庭もあると思います。毎日は無理でも、週に何回は家族で食事をとれるといいですね。夜はどうしても遅くなってしまうなら、朝食を一緒にとるようにしてはいかがでしょう。家族で一緒に暮らしていても、ひとつの場に集う時間はとても大切なこと。食事というのは、家族がそろって近い距離に座り、コミュニケーションするのに、とてもいい時間です。
 でもつい食事時に、子どもに「お箸の持ち方が変!」「また野菜、食べてない!」なんてガミガミ言ってないでしょうか。食事はしつけの場でもありますが、常に欠点を指摘してばかりでは、おいしく楽しく食べることができません。「お箸、こうやって持とうね」「この野菜、おいしいよ」というプラスの声かけも心がけましょう。
(子育てお役立ち百科より)

学校保健安全法

 学校保健安全法 (がっこうほけんあんぜんほう、昭和33年4月10日法律第56号、最終改正:平成20年6月18日法律第73号)は、学校における児童生徒等及び職員の健康の保持増進を図るため、学校における保健管理に関し必要な事項を定めるとともに、学校における教育活動が安全な環境において実施され、児童生徒等の安全の確保が図られるよう、学校における安全管理に関し必要な事項を定め、もって学校教育の円滑な実施とその成果の確保に資することを目的(第1条)とした法律である。
 「学校保健法等の一部を改正する法律(平成20年6月18日法律第73号)」によって、2009年(平成21年)4月1日、学校保健法から学校保健安全法に改題され、学校における安全管理に関する条項が加えられた。
(ウィキペディアより)

習い性と成る

 「習い性と成る」とは、毎日続けている習慣は、やがて、その人の生まれつきの性質のようになってしまう、ということわざです。
 このことわざは、悪い習慣が身につけば、それがその人の性質になり、良い習慣を身につければ、それもその人の性質になってしまう、という意味で、良い癖をつけるか、悪い癖をつけるかは、その人の心がけしだいで、変わるという 意味があります。
 これに似たことわざが、西洋にもあり、古代ギリシャの 哲学者のことば、「習慣は第二の天性なり(しゅうかんはだいにのてんせいなり)」 が、あります。
※ 性(せい)=生まれつきにある心のはたらき。性質。
(ことわざ学習塾より)

4月の誕生会をしました

4/25誕生会 (47) 今日、4月の誕生会をしました。4月生まれのお友達、誕生日おめでとう。これからも健やかに成長してください。

今日は誕生会。とっても楽しみにしていました。でもそれ以上に給食のハヤシシチューが嬉しかったようで、「おかわり!おかわり!」と言っていました。し!か!し!今日はシチューのおかわりだけがなく、「え…」と残念そうにしていましたが、他のおかわりをもらって満足してくれました。「給食美味しいから好き」だそうです。(5歳児クラス担任)

子どもシェルター

 虐待を受けているために家に帰ることが できないなどの理由で、居場所を失って しまった10代後半の子どもたち。そんな子どもたちに、安心して生活できる 居場所を提供し、自立に向けた準備をして もらうための避難所です。
 福岡市の子どもシェルター「そだちの樹」は、虐待を受けているために家庭から逃げ出さなければならなくなった子どもや、非行に及んだために家族から引取りを拒まれてしまった子どもなど、安心して生活できる居場所がない年長の子どもたちのために、子どもシェルター「ここ」を運営しています。
 子どもシェルター「ここ」の場所は、子どもたちが虐待の加害者などから更なる被害を受けることがないように、非公開としています。入所した子どもたちは、安全の確保された場所でゆっくり過ごしながら、その後の行き先を探します。
 入所中は、子どものケアを専門とするスタッフが、身の回りのお世話をしたり、相談に乗ったりします。
(出典:そだちの樹HP)

社会福祉法人 大井会 大井保育園
〒812-0001 福岡市博多区大井2-7-12
交通
西鉄バス:大井町-徒歩2分
地下鉄:福岡空港-徒歩15分

まずは、気軽にお問い合わせ下さいませ

ご相談・お問い合わせ電話番号
092-621-3057
フォームでのお問い合わせ
コチラから